スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | top

予言が現実のものとなり

久しぶりに脱腸逝け面選抜が集合。
集合の目的は映画「ホステルpart2」を見ること。
場所は前回と同じく渋谷にある「シアターN渋谷」。

渋谷の映画館 | シアターN渋谷

「ホステルpart2はCUBE2みたいになる」

自分は蓋を開ける前からgdgd警報を発令していたが、
実際蓋を開けてみても中身は一緒であった。
ホルテル(無印)は正体不明の敵に拘束されては拷問されるという、
先の見えないスリルや徐々に追い込まれていく周辺描写が秀逸であった。
しかい、今回のホステルpart2は前回の続きからということもあって、
あの独特の緊張感はなく、種明かしがされた状態で物語が進行していった。
前回とは打って変わってところどころに笑えるシーンが挟まれていて、
「戦慄のホラー」から「気の触れたお笑い」に変化しているように感じた。

ネットで調べてみたら欧米でもホステルpart2は扱けているらしい。
この後、次回作が作られるかどうかわからないが、
もし作られるのであればまた見に行ってしまいそうな気がする。

スポンサーサイト

2007年09月09日 | 日記 | comment 3件 | trackback 0件 | top

コメント

(・∀・)チンポー!!切られるとこは秀逸。

2007年09月10日 / えですけ #-URL【編集

グダグダではなかった気がする。
前回と同じ目線じゃなくて、今回は殺る側っていうのがよかった。
でもそのおかげでうがぁが言うように種明かしされすぎてて怖さが半減。
血の風呂は結構すごかったけど。
次回はサーシャが裁き(拷問)を受ける展開でしょう。

2007年09月10日 / しょうへい #-URL【編集

>えですけ
男にとって視覚的にも心情的にもあれほど痛い拷問はない。

>しょうへい
有名女優を起用した代償にある程度グロ風味を削ったらしい。
グロすぎてカットされたシーンがいくつかあるっぽい。
今回寝返った主人公が諸悪の根源であるサーシャを拷問にかける。
そんな展開の三部作なら余裕で次も見に行く。
そう考えたらpart2もなかなか面白く感じてきた。

2007年09月11日 / うがぁ #-URL【編集

コメントの投稿



管理者にだけ見せる

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。