スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | top

突き動かす、衝動の赴くまま

中学時代から愛して止まないスリーピースバンド、The LOVE。
彼らがHMV横浜にて新曲の販売記念インストアイベントを行うと聞き、現地へ赴いた。

店内の壁際、中央にステージがあり、
20~30人の観客がすでに出番を待っていた。
男性2の女性8という、どうにも居た堪れない環境の中、その時は来た。

すでに10年、彼らの音楽を聞き続けているが、
実際に目の前で演奏を聞くのは初めてだ。
今回のイベントは、バンド形式ではなくアコースティック形式で行われた。
誤魔化しの聞かないアコースティックだけに、その演奏の質の高さに驚いた。
また、歌声は腹式呼吸を上手く使い分けており、
少し掠れがかった芯の強い響きを奏でていた。
彼らは録音よりも本番に強いタイプのスリーピースバンドだと実感した。
それだけの音楽構成能力や演奏テクニックがあるのならば
ライブ音源のCDを作成した方がよいのではないだろうか。

掻き鳴らされるアコースティックギターの力強さに、
ただただ魅了された一時間であった。

以下、演奏楽曲一覧。

1. 雨に濡れた洗濯物 (Acoustic Ver.)
2. Wish~飛べない鳥~
3. 桜
4. プロポーズの詩
5. ハッピーバースディソング

「Wish~飛べない鳥~」はラテン音楽を取り入れているのか、
流れるようなギターのリズムが印象的であった。
また、「ハッピーバースディソング」は主旋律が甘美的で、
女性を酔わせるほろ酔い成分が多く含まれていた。
どちらの楽曲も2008.04.04に発売される9thアルバム「ラヴソング」に収録される。
もちろん「ラヴソング」は発売日にタワーレコードにて購入予定である。

ちゃっかりサイン会&握手会にも参加してきた。
多くの女性の中で男性は目立つため、居心地は絶妙である。
そんなちょっと浮いた午後の一時。

The LOVE official web site

スポンサーサイト

2008年03月15日 | 日記 | comment 0件 | trackback 0件 | top

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ見せる

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。