スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | top

お手軽シンセサイザー構築

TiMidity Distribution
TiMidity本体を落とす。

HammerSound SoundFont Library
Fluid - Release 3 [68.5MB]
「Download Austria」か「Download Canada」を選択してSounfFontを落とす。

【SoundFontの設置】
「C:\TiMidity」にフォルダを作成する。

「FluidR3122501.zip」を解凍して「C:\TiMidity」のフォルダに突っ込む。

「C:\TiMidity\fluid3\」のフォルダに「timidity_fluid3.cfg」を作成する。

【timidity_fluid3.cfgの中身】
-----------------------------------------------------------
dir C:\TiMidity\fluid3\
dir C:\TiMidity\

source fluid3gm.cfg
source fluid3gs.cfg
-----------------------------------------------------------

【TiMidity本体の設定】
「timid02i.zip」を任意のフォルダに解凍する。

「timw32g.exe」を選択してアプリケーションを起動する。

「設定」>「詳細設定」>「プレイヤ」>「設定ファイル」
「C:\TiMidity\fluid3\timidity_fluid3.cfg」を指定する。

「timw32g.exe」を再起動させ、準備完了。


SoundFontはCreativeのサウンドカード「Sound Blaster」に使われている、
メモリ上に音源ファイルを割り当て、内部音源を構築する手法である。
上記の「TiMidity」を用いることで「Sound Blaster」を所有していなくとも、
手軽に好みの内臓音源でシンセサイザーを楽しむことができる。


【お勧め楽曲紹介】
"Newage:ZeroHour"
「幸せのイメージ」
「長いことあってなかったけど...」
「月の反映」

Antique Shop!! ~SC-88ProのためのオリジナルMIDIのページ~
「カクテル」

秋 Top
「alone」

スポンサーサイト

2007年09月08日 | 音楽 | comment 0件 | trackback 0件 | top

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ見せる

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。