スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | top

日商簿記模擬試験 四

----------------------------
日商簿記3級 第112回実施問題
実施日:2008.02.09
制限時間:120min
----------------------------
第1問[20/20]0:00-0:13(13min)
第2問[02/10]0:13-0:31(18min){****}
第3問[30/30]0:35-1:00(25min)
第4問[10/10]0:31-0:35(04min)
第5問[30/30]1:00-1:33(33min)
----------------------------
合計[092/100]0:00-1:33(093min)
----------------------------

【復習事項】
●第2問:商品有高帳における商品の返品・値引の処理
[返品]
仕入原価=仕入数量*仕入単価を打ち消す
※「移動平均法」の場合は、打ち消した後、「平均単価」を再計算する。
[値引]
在庫の増減がないため、商品有高帳には記載しない
※その代わり、「純売上高」の計算の際に、「売上戻り」に値を加える。

●第5問:試算表の空欄の値の求め方
空欄の値=借方(又は貸方)の合計-空欄を除いた借方(又は貸方)の合計

【コメント】
3級の問題は2級に比べると難易度が一回り下がる。
解き方に慣れてきたおかげか時間のあまり具合はバッチリ。
ただし、例外問題が出た場合は対処に時間が掛かるので、
優先順位を見直す必要がある(10点満点問題は後回しにするのが吉)。



----------------------------
日商簿記2級 第112回実施問題
実施日:2008.02.09
制限時間:120min
----------------------------
第1問[16/20]0:00-0:16(16min){*}
第2問[14/20]0:16-0:40(24min){**}
第3問[20/20]1:14-2:00(46min)
第4問[12/20]0:40-0:55(15min){**}
第5問[16/20]0:55-1:14(19min){*}
----------------------------
合計[078/100]0:00-2:00(120min)
----------------------------

【復習事項】
●第1問:受託販売
売掛金( )受託販売( )
受託販売( )受取手数料( )
        当座預金( )
※(借方)受託販売の内訳:受託諸掛+受取手数料+手取金

●第2問:満期保有目的債券
基準償還年数:8年(96ヶ月)

●第4問:材料の外注先への無償支給
製造過程の一部と考える。
仕掛品( )材料( )

●第4問:外注加工賃
外注加工賃=直接経費=仕掛品

●第4問:製品の完成
仕掛品勘定から製品勘定へ振り替える。
製品( )仕掛品( )
※工場から取引先へ製品を販売する場合は、一度本社勘定へ振り替える。
工場:本社( )仕掛品( )
本社:製品( )工場( )

●第5問:先入先出法(工程別総合原価計算)
月末仕掛品原価=(前工程費/当月投入数量)*月末仕掛品数量

【コメント】
満期保有目的債券の償還年数が記載されてなかったので、
上部に書いてあった売買目的有価証券の償還年数で計算したら失敗。
問題集の答案にはなぜか8年で計算されていた。
基準となる償還年数はネットで検索しても見つからない。
これは単なる記述ミスなのか、それとも暗黙の了解なのか謎DEATH∧||∧
スポンサーサイト

2008年02月10日 | 簿記 | comment 0件 | trackback 0件 | top

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ見せる

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。