スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | top

日商簿記模擬試験 参

----------------------------
日商簿記3級 第113回実施問題
実施日:2008.02.08
制限時間:120min
----------------------------
第1問[20/20](10min)
第2問[04/10](16min)
第3問[18/30](27min)
第4問[08/10](05min)
第5問[21/30](39min)
----------------------------
合計[071/100](097min)
----------------------------

【復習事項】
●第2問:期末商品有高
商品勘定の貸借差額=期末商品有高
[決算処理]
前期繰越:仕入( )繰越商品( )
次期繰越:繰越商品( )仕入( )
売上総利益=売上高(売上)-売上原価(仕入)

●第5問:未処理事項・販売した商品の返品
売上( )売掛金( )
期末商品有高に返品された商品(原価)を足す。

【コメント】
予定よりも早く終わり、確実に上達していると喜んだのも束の間、
第3問で問題飛ばし、第4・5問で転記ミスなどとんでもないミスを連発。
結局、合格点ぎりぎりの結果に終わってしまった(´・ω・`)ショボーン



----------------------------
日商簿記2級 第113回実施問題
実施日:2008.02.08
制限時間:120min
----------------------------
第1問[12/20]0:00-0:22(22min)
第2問[20/20]0:22-0:41(19min)
第3問[20/20]1:22-2:00(38min)
第4問[12/20]0:41-0:56(15min)
第5問[16/20]0:56-1:22(26min)
----------------------------
合計[080/100]0:00-2:00(120min)
----------------------------

【復習事項】
●第1問:還付法人税等
(法人税等の還付を受けた場合)
当座預金( )還付法人税等( )

●第1問:固定資産の売却(直接法)
減価償却費(③)備品(①-②)
[備品減価償却累計額(②)]
現金(④)
固定資産売却損(⑤)
※③+④<①-②の場合

●第4問:費用の分類分け
----------------------------
[原価差異]
・直接材料費=価格差異、数量差異
・直接労務費=賃率差異、時間差異
・製造間接費=予算差異、操業度差異、能率差異
----------------------------
[直接経費]
・外注加工賃
----------------------------
[間接材料費]
・工場補修用鋼材
・製造用切削油、機械油
・耐用年数1年未満(使い捨て)の製造用工具、測定器具
----------------------------
[間接労務費]
・間接作業賃金
・手待賃金
・工場の修理工賃金
・工場倉庫係の賃金
・製造関係の事務職員給料
----------------------------
[間接経費]
・正常棚卸減耗費
・工場固定資産税
・工場用住宅、託児所など福利施設負担費用
・工場の運動会費
・工場電力料、ガス料、水道料
・工場減価償却費
----------------------------

●第5問:後入先出法
(当月完成>当月販売の場合)
月末製品原価=(完成品総合原価/完成品数量)*販売数量

【コメント】
還付法人税等はテキストに載ってなかったので、
仮払法人税等を取り消せばいいのかと勘違い。
税金の還付処理って納金してから算定するみたい(´・д・`)
それから費用の分類分けは数が多すぎるので要暗記。
スポンサーサイト

2008年02月08日 | 簿記 | comment 0件 | trackback 0件 | top

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ見せる

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。